書店員ママが性教育にオススメする絵本1『いいタッチわるいタッチ』

ehon 性教育する知識が欲しい保護者の集会所
スポンサーリンク

みんなが迷い、頭を悩ませる「子どもへの性教育」。
3歳以上くらいから、絵本を読み聞かせるだけで自分を大切にすること、プライベートゾーンのことがわかるようになるオススメの絵本『いいタッチわるいタッチ』のご紹介です。

「子どもへの性教育」って、難しいですよね。

実は私、妊娠・出産前は、いわゆる”性教育マニア界隈”におりまして
つまりは性教育をする仕事をしていました。

教員などではなく、
若い人たちがたまるフリースペースのようなところで、実践的だったり観念的だったり、恋話と絡んでいたりDVやら虐待やらと絡んでいたりする中での「性」について、
より安全・安心にできるためのサポートをしていました。
行政のお仕事ですよ。(公務員ではありませんが)

レアなジョブです。
日本では唯一の職場だったので、知っている人なら、すでにピーンときたことかと思います。

ともかくそんな仕事をしていたのもので、当然
「自分の子どもにも性教育はしっかりしたい!」
「思春期に入ってからでは遅い、犯罪者は待ってはくれない、言葉が理解できるようになったら段階に合わせて進めていかねば……!」
と、めちゃくちゃ思っていたのでしたが
いざママなんてものになってみると、これがまた難しい。

何歳くらいで、どんなことをやったらいいのか?
いきなり”夜の仲良し”について伝えるわけなんてもちろんなくて、
まずは身を守ること……?
プライベートゾーンって、でも幼児にどう伝えたらいいの……?
”性”を知らない子どもに性教育をするには……?
っていうか、知識よりもまずは性に向き合うための情操的なものを育てるべき……?

などなど、悩みは尽きず。

ママ・パパの周りに、子どもへの性教育をどうしたらいいか考えられるような題材って
ぜんっぜん、ないんですよね。
どのくらいの発達状態なら、どのくらいのことを教えて大丈夫なのか。
目安もなくて。

そんなときに知ったのが、こちらの絵本です。

『いいタッチわるいタッチ』

この絵本、素晴らしいです。

一度絶版になっているのですが、
再販を求める声が非常に大きかったため、復刊ドットコムというサービスを経て再販が決まったものです。この出版不況の時代に、素晴らしいことです。



復刊ドットコムさん。(Tポイント対応なのも嬉しい)

この絵本の素晴らしいところは、やさしく・かわいい絵柄のこの絵本の読み聞かせをするだけで
・プライベートゾーンについて
・どういうタッチがわるいタッチなのか
・いいタッチとの見分け方
・わるいタッチをされたらどうしたらいいのか
が、
無理なく、自然に子どもに伝えられるという点です。

うちは子どもが3歳の時に読み聞かせて、どうにか理解してくれましたが
もしかしたらもう少し上の年齢(4〜5歳)の方がよいかもしれないので、
折に触れ、繰り返し読み聞かせています。

未就学児、むしろ小学校低〜中学年くらいまでに知っておきたい、コアな部分のことは
この絵本を見ればわかるんじゃないかなと思います。

また、この本の素晴らしいところは
本編後にある”解説”が豪華、というところです。

性被害・加害ってどんなものなのか。
実際に被害にあってしまった時には、まずどうしたらいいのか。
被害にあってしまった時のために子どもにできることは何なのか。

そんなことを考えるためのヒントが、網羅されています。

愛する子どもが性被害にあった場合、保護者は悪気なく、むしろ子どものためを思うからこそ、致命的な言葉を言ってしまったり、致命的な行動をとってしまうことがあります。

そういうリスクを避けるためにも、この絵本は有効だと思います。

”性教育絵本”は、実はこれ以外にも多々ありいくつも読んではいるのですが、この1冊は、段違いに素晴らしい1冊だと思います。

特に性被害を予防するために、もしくは、性被害にあった時のために。

お子さんのためにも、ママ・パパたちのためにも、ぜひご一読をオススメします。

 

おまけ;おすすめの情報源

やまママ

『これからの性教育を考えよう』というnoteのマガジンを作っています。
ゲストがめちゃくちゃ豪華なので、ぜひご覧ください〜!

やまママ
『性教育する知識が欲しい保護者の集会所』というTwitterアカウントにて情報公開中。
性に関するトピックスについて、幅広く、ひたすら発信しています。
質問も受け付けておりますので、コチラからレッツフォロー!

 

<<今日のtips>>

幼児や低学年児童への性教育には『いいタッチわるいタッチ』が抜群にオススメ!

お読みいただき、ありがとうございました*^^*

やまママ

気に入った、ワンコインでも投げ銭してやるぜ! と思ってくださった方は、コチラ(note)からチャリンとしていただけると、大変嬉しいです。

現物支給もめちゃくちゃ喜びます!

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう



コメント

  1.