豚バラとセロリの炒め物 強さには強さをぶつけてみる

豚バラとセロリの炒め物料理のtips
スポンサーリンク

「きのう何食べたっけ?」「どうしてそんなもん作ろうと思ったんだっけ?」と、思い出したくなることがわりとあります。

でも日々食べ物のことばかりを考えている私ですので(ただの食いしん坊です)、逆に・意外と、いつ何を食べたのか、思い出せなかったりします。
「なんでそんな味付けにしたんだっけ?」ってなることもある。

別に、思い出せなくて困ることなはいです。
皆無です。
でも、思い出せるとスッキリします。

なので、
とりあえず思いついたときだけ、その日何を食べたのかを、記録してみようかなと思いました。

三日坊主すら尊敬するような「やっぱやぁーめた!」の得意な少年期を経ての今なので、そう続かないかもしれないし
そもそも毎日続ける気もないんですけど。

とりあえず書いてみます。

豚バラとセロリの炒め物

1週間分のレシピは、だいたい前の週末に考えます。
一気に考えて、一気に買い物をするスタイル。
仕事をしている平日に今日何食べようって考えなくてよかったり、そもそも買い物に行かなくていい、というのは、大変に楽チンです。

「今日夕飯どうしよう」地獄からの解放!メニュー考えるのも買い物も週一で!
毎日「今日の夕飯何にしょう?」って献立を考えたり、毎日買い物に行ったりするの、面倒くさいですよね。大変につらい。そこで、どっちも週に1回しかやらない生活を始めました! 献立つくりも買い物も週1ですますための、我が家の運用方法のご紹介です。

でも、ほんの時々、それが崩れることがあります。
それは「あっこれ買いたい」「メニュー決まってないけどこれ食べたい」という食材に出会ってしまったとき。

先週、そのタイミングが訪れました。

「あっ、セロリ食べたい」と思ってしまったのです。

食べたいときって、食べどきなのだと思います。
自分の身体に必要なものって、自分の身体が一番知っているものだと思うんです。
身体の声をきくって大事だなと思って。……とか、もっともらしいことを言ってみる。

身体が求めてるんだから、予定外のもの買っちゃってもまぁしかたないよね*^^*

家族の声も大事だけど。一応、まぁ、聞くけど。

でも、買ったり作ったりするのは私なので、私が食べたい・作りたいものを作っていいに決まってると思うんですよ。
食に関する全ての権限は私が握っています。

いや別に身体に必要じゃなくても、食べるなら食べたいときが一番いいですしね、普通。

ということで、セロリです。

ちょっと大入りのものを買ったので、たっぷりと使えます。

塩昆布で浅漬けを作りました。
しょうゆとみりんだけでキンピラも作りました。
はちみつと味噌炒めも作りました。

私のセロリレパートリーといえば、ちゃちゃっと作れるのは、だいたいこれくらい。
でもまだセロリは残っている。

冷凍庫を見たら、ストックの中に豚バラ肉がありました。

豚バラ肉からじわっと出てくる油とセロリ、なんとなく相性がいいんじゃないかな。と思いました。

そこで今日は、豚バラ肉とセロリの炒め物です。

夫はセロリが好きで、夫の影響で私もセロリは好きになりました。
でも、子どもは香りの強い野菜は苦手です。
ということで、味付けにはオイスターソースをチョイス。

香りの強いものには、同じく香りの強いものをぶつけて相殺する作戦です。
においの相性も悪くない気がしたし。

豚肉と玉ねぎは相性がよく、栄養素をお互いとりいれやすくなる、ときいたことがあったので、玉ねぎも入れることにしました。

豚バラとセロリ(と玉ねぎ)の炒め物。
はい、これで今夜のメニューは決定です!

ご飯は炊き込みご飯。
味噌汁は、豆腐とニラとベーコンです。

味噌汁って、肉とか魚とか入れるといっきにうまくなりますよね。
あと具が3つ以上入っていると豪華な気持ちになる。

しかし、セロリとニラ……ニラ、おまえもか。
先週末の私は、強いにおいの野菜を欲していたんですね。

おいしくいただきました。

<<豚バラとセロリの炒め物 作り方>>

材料

  • 豚バラ肉
  • 玉ねぎ
  • セロリ
  • オイスターソース
  • お好みでハチミツ

つくりかた

  1. 豚バラ肉を解凍しておく(※)
  2. 玉ねぎは薄切りに。セロリも適当に薄切りに。
  3. 豚バラ肉を炒める。油は肉から出るので不使用です。
  4. 肉に火が通ったら、玉ねぎとセロリを入れれ一緒に炒める。
  5. オイスターソースで味付けする。
    ※ハチミツもちょっと入れるのが好きです!

はい、おしまい!

強いの同士が戦った結果、どっちの強さもうすまって、あまりクセなく食べることができました。
が、
5歳にセロリはやはり不評で、5歳分のセロリは、保護者がおいしくいただきました……( ˘ω˘ )

セロリとかクレソンとか、ピーマンとかゴーヤとか、
においや苦味の強い野菜って子どものとき、私も苦手でした。
食べられないほどではありませんでしたが。

それがさーーー

30を過ぎたあたりから、「えっ うまい! すごいおいしい!」て感じるようになったんですよね。
味覚って、大人になってからも成長するんだなぁ(たぶん)、と思いました。

最近では、しっかりとった出汁の味とか、薄味のものとかの美味しさに気づきつつあります。
出汁か……
顆粒じゃない出汁、興味はあるけど面倒くささが先にたちます。デビューとか日々への導入はまだもう少し先になりそう。出汁の素、調味料としても超優秀だし。

(「出汁とってるよ!」っていう人、いらしたらお声きかせてください!)

子どもと自分と、両方の味覚の成長をたのしみつつ、明日もおいしいもの食べたいなと思いました*^^*

<<今日のtips>>

セロリと豚バラとオイスターソース、相性よし。



コメント