旅行先での夜間救急受診! 「用意しててよかった」3点セット

kyuukyuu_motimono お出かけのtips
スポンサーリンク

こんにちは、やまママです。

連休でキャンプに行って来まして、それはもうめちゃくちゃ楽しかったのですが
それほど体調を崩していたわけでもないうちの子(当時4歳・アレルギー体質で軽度の喘息持ち)が
夜中に突然の発作を起こし、呼吸もままならない状態だったため夜間救急にかかるというハプニングに襲われるなどしました。

なお、発作は喘息ではなく「クループ」です。

(クループも実は毎年、年に数度やっておりまして、発作を起こすのは初めてではありませんでした)
(ただし今回ほど重いものは初めてでした……)
(クループの後は喘息症状が重く出るので、クループがおさままったあとはさっそくかなりの喘鳴になり、喘息対応は、旅行から帰って来てすでに何日も立っている現在も続けております)

馴染みのない土地・出先でそういう事態になるのって、自宅でなるよりもさらに怖いし、焦るんですよね……。

もともとそういうリスクある体質のため、いろいろと用意もしていたので事なきを得ましたが、
「万が一に備える」「念のために用意しておく」ということの大事さをまためちゃくちゃ痛感した次第です。

そこで、今回のような旅行先での緊急事態で「持っててよかった!」とめちゃくちゃ思ったものについて
簡単にまとめておくことにしました。

なお、以前

突然の救急車要請→入院でわかった、救急時にやること・準備するもの<リスト付>
夜、アレルゲンの誤食により子どもが体調不良を起こし、救急車を呼ぶ事態に。2度と起こしてはならないことだけど、もしまた救急車を呼ぶ事態になってしまったとき、焦らずにいるためのメモです。

という記事を書いているのですが
そちらとはちょっと重複する部分もありつつ、今回は「出先」という、基本的にいろんなものが手元にないし、
そもそも荷物はできるだけ減らしたいみたいな環境でのことを想定しています。

ご自宅での「イザに備える」を想定していらっしゃる方は、上記記事の方をお読みいただけるとよいかもな、と思います・v・

 

持っていてよかったものたち3つ

1、母子手帳ケース

母子手帳ケースの中には、以下のものがそろっていることとします。

  1. 母子手帳(アナフィラキシーとかだったら入院になることもあるので超重要です)
  2. 保険証
  3. お薬手帳(今回一番活躍したのはこれかも)

我が子はわりと頻繁に複数の病院を受診する感じの生活をしているので、
お薬手帳は、常に直近の2冊を持ち歩くようにしています。

そちら見てもらうと、だいたい、ざっくりと、普段どんな治療をしているのかを
うちの子に慣れていない夜間救急の先生にも把握してもらえます。

もちろん、私(や夫)からも口頭でいろいろ伝えるわけですが
「医療従事者が判断して出したもの」を、頻度や量(=数字)として見てもらえると
把握してもらえることの幅が広がるように思います。

2、枕元に「上着」

我らが出かけていたのはキャンプ地で、
山が近く、つまり(この日、昼間は30度近くあったのですが)夜間は20度を切っていました。

そんな感じで夜間はひやっとすることが多いので、
自分と子どもの上着は、すぐに手に取れる場所(枕元など)に置いておけるとよいと思います。

出先でなくとも、これは秋・冬に共通して言えることかもしれませんね。

ただし、私が「上着を置いておいてよかった!」と一番実感できたのは
ノーブラのまま余裕で車に乗り込めたためです。

私は夜間は完全にノーブラで過ごしていて
(ものすごく正直に書くと昼間も大抵ノーブラですが)
そうなると、どうしても気になっちゃうのが「tkbが浮いて見えたらちょっと嫌だな」ということなんですよ。

でもほら、上着さえあれば、簡単に見えなくできますもんね・v・
少なくとも、目立たなくはできます。

上着は、ノーブラ派の我々の夜間救急診療には強力な味方になってくれます……よ……。

3、手ぬぐい(タオル)

咳き込みがひどいと、嘔吐が誘発されることがありますね。
あとはよだれとか、鼻水とか、ちょっと寒そうで肩とかにかけてあげられるものがほしいとか
そういう「ちょっと」に便利なのが、手ぬぐいでした。

これは偶然だったのですが、枕元に置いておいたものがあったので
夜間救急に向かうとき、ふと思いついてポケットに入れて行ったのです。

とても便利でした・v・

もちろん手ぬぐいじゃなくても、
タオルとか、少し大きめのハンカチとかでもよいのだと思います。

ただし手ぬぐいは、大きいのにタオルよりかさばらず、すぐに乾いてくれるので特に便利なように思います。

4、上記に書いてないけど必須のものは

  • 財布
  • 携帯
  • メガネ

この3点も必須です。でも、書くまでもないものかもなって思って独立させては書きませんでした。

これは必ず枕もとに置いておくか、夜間救急に行くとき絶対に持っていることがわかりきっているバッグに入れておくか、しておきましょうね〜。

 

用意してなくて失敗したもの

上述してきたのは「持って行っていてよかったもの」ですが、
「これがなくて失敗した!」というものもありましたので、そちらも以下に記録しておきます。

1、靴下

素足のまま、ダイレクトに靴をはきました。
それほど困りはしないけど、ちょっと不快でした……。

2、現金

クレジットカードに対応していない病院・診療所の可能性もあります。
今回、我が家が助けてもらったところもそうでした……。

病院の近所にコンビニが(たくさん)あったのでお金をおろしに行けましたが、もしそうでなかったら、これは後々、けっこうな手間が生じていたように思います。

お財布は忘れないように持っていきましょう。
そして
お財布の中には、常に少し余裕を持った金額のお金を入れておきましょう。

3、(後日の診察の際)診療明細

これは当日ではなく、翌日以降、かかりつけの病院に行くときの話です。

夜間救急を利用したら、
翌日(か、翌日が休日の場合は休日明け)にはかかりつけの病院に行くことになるケースが多いことかと思いますが、
その際には、診療明細を持って行くとよいと思います。

診療明細を持って行くのは

  • どのような処置をしたのか
  • 投薬は、何をどのくらいしたのか

が、わかるからです。

我が家は診療明細をすでにゴミ箱に捨ててしまっていて、
かかりつけ医に行くときに「あっ!」と思い出して慌てて発掘し、
読み取れる部分だけを持参して行きました。

しかし、情報が少し不足していました……。(投薬量がわかりませんでした)

どのような治療を・どのような薬を使って・どのような量で行ったのかを正確に伝えることができず、
(それで問題が何か起きたわけではありませんでしたが)ちょっと失敗したな……と思いました。

もちろん、必要十分量の情報はキャッチアップしてもらいましたが……。

また夜間救急では、取り急ぎの薬を処方してはくれますが
処方の記録は、通常時のようにお薬手帳に記載してくれるわけではありません。

つまり、私たち自身が把握しておかなければ、かかりつけ医や日頃行っている薬局に伝えることができないのです。
そのため
診療明細と合わせて、処方された薬の袋などもとっておけると安心かもしれません。
(袋には、だいたい処方された薬の名前などが記載されています)

 

はい、今日は以上です!

外出先で体調を崩し、夜間救急が必要になる事態というのは
保護者も慌てるし大変ですが、
子どもの方は下手したら命がけなわけで、ますます大変なことと思います。

うちの子もとても苦しそうでした……。

そうならないためには、もちろん「体調がすぐれないときには無理して出かけず、大事をとる」というのが大切なわけですが
事前に体調を崩していた、というようなこともほとんどなく、
ほぼ「ノーモーションでいきなり発作」みたいなことだって、起こり得ます。(うちが今回そうでしたよ……!)

つまり
どれだけ備えて気をつけていても、いざというケースは起きてしまうので、
ますますしっかり備えておきましょう。
ということです。

季節の変わり目、不安定な気候はまだしばらく続くでしょうから
体調を崩しやすいお子さまも多い時期かと思います。

どうぞみなさまも、お気をつけてお過ごしください……。

 

<<今日のtips>>

  • 母子手帳ケースセット(母子手帳、お薬手帳、保険証)、上着、手ぬぐいは必須
  • 携帯・財布・メガネは、言わずもがなで必須アイテム
  • 靴下・財布の中の現金も要チェック!
  • 後日の診察には、夜間救急時にもらった診療明細が役に立つ!

 

お読みいただき、ありがとうございました*^^*

やまママ

 

やまママ

気に入った、ワンコインでも投げ銭してやるぜ! と思ってくださった方は、コチラ(note)からチャリンとしていただけると、大変嬉しいです。

現物支給もめちゃくちゃ喜びます!

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう
書いている人;やまママ
yamamamatips

川越の近所に住むフリーランス&書店員。若い人たちに性教育などする仕事をしていました。
通勤電車スキーな卵アレルギー持ち幼児を育てつつ、ゆるワーキングマザー生活を満喫中。

yamamamatipsをフォローする
お出かけのtips
スポンサーリンク
この記事をシェアする
yamamamatipsをフォローする
*・。・*ほしいものリスト公開中*・。・*
プレゼントください。大変に喜びます!
励みと糧になります。ありがとうございます。
やまママtips

コメント