保存容器をガラスはiwakiとニトリ、プラスチックはスマートフラップに決めた話

hozonnyoukiフリーランスなママの生活

春休みです。
迫り来る(可能性のある)、新学期からの週5de弁当の生活に備え、常備菜つくりとか、つくりおきとかに手を出し始めました。

幼稚園のお弁当生活を前に「つくりおき生活をはじめよう」と決めた話_フリーランス幼稚園ママ日記
「つくりおき」と言えば「面倒くさそう!」とイメージしていた私ですが、子が幼稚園に通うこととなり、週5でお弁当を作らなければならない可能性が浮上してきたため、つくりおき生活を始めることにしました。参考にしているレシピなどのご紹介です。

そうすると必要になってくるのが、保存容器
保存容器といえば、プラスチックのやつばっかりのイメージで
「タッパー」ってずっと呼んでいたんですけれども(これはタッパーウェア社というところの製品だけをさす言い方らしいです)
最近では、保存容器と呼ぶのですね。

今回は、保存容器をiwakiさんとニトリさんのガラス製のやつに決め打ちした話と、
あと
プラスチックの保存容器との付き合い方、今後取り入れると決めた保存容器の話をちょびっと書いています。

※2018年4月8日、ふたの素材と食洗機の対応について追記しました。

 

我が家の保存容器の現状

我が家の場合は、夫が私の妊娠前にしばらくお弁当生活をしていたので、
その時に使っていた&買ったけど使っていなかった、プラスチックの保存容器が多数ありました。

岩崎さんのスマートフラップ(610mlサイズ)です。

 

これを使っていたのですが、実は同時期に購入していた、これ。

iwakiさんのガラス製のボウル。

 

10年以上前に夫が買って、結婚して同居を始めてからも持ってきてくれていたので引き継いで使っていた100均のプラスチックのボウルが、さすがに使い勝手悪い気がしてきていて買い換えたのですが
これがもう、ものすっっっごく! いい感じで。
(100均を10年以上って、モノ持ちの良さが半端でない我が家……)

5点セットで買ったんですけどね、特に一番小さいやつと、一番大きいのと2番目に大きいやつは、毎日使ってるレベルで。

ガラスの良さを知ってしまったがために、感じるようになってしまったのです。

「プラスチックって、実は使いにくい?」
「ガラス最高!!!!」

と……。

そこで考え始めたのが、「保存容器もガラス製にしよっかな」ということでした。

 

ガラスの保存容器 メリットとデメリット

「よし、買おう!」と言ってすぐに買い揃えられるほどゆとりある生活も性格もしていないので、まずは調査です。

(調査方法は、口コミ調べとか、使ってる友人に聞くとか、販売店の店員さんに聞くとか)

そこでわかった、メリットとデメリットについて記録していきますね。

メリット

  • 見栄えがいいので、保存している冷蔵庫を見るたびに気分が上がる
  • においがつかないので、カレーの保存に使った後でもずっと気分よく使える
  • オーブンでも使える
  • 食洗機が使える
  • そのまま食卓に出してもいい感じなので、食事中も気分がいい
  • さっと洗っただけでキュッてなるので気分がいい
  • プラスチックより本格的な感じがするので、「自分って料理上手じゃん」って思えて気分がいい
  • プラスチックより中身がクリアに見えるのが、なんかいい

かなり実用的なメリットが多いですね。
あと、「気分がいい」というのが目立ちます。

家仕事って、気分よくできるのって大事じゃないですか。
気分よく家仕事できるって、めちゃくちゃ大事。
これはポイント高いです。

あと大事なのが「食洗機が使える」という点。
いえね、プラスチックで食洗機不可って書いてあるのも普通に使っちゃってますけども
使えるように作られてるって、やはり安心です。

デメリット

  • 重い
  • 割れるのが怖い
  • 使っていないときの保存に場所をくう
  • 冷凍でも本当に使って大丈夫かどうか、迷う
  • プラスチックの保存容器よりも高額
  • プラスチックの保存容器と違い、そのへんで手軽に買い足すことができない

保存場所を食うというのと、価格も購入場所も手軽ではない、というのは小さくないネックですね。
あと「冷凍で使っていいのか迷う」というのも微妙。

冷凍に使えるかどうかは、中身が液体かどうかによるようです。
液体を冷凍させると膨張して体積が増えるので、割れる。という。
ビール瓶を冷凍庫に入れるとパーンてなるのと同じ原理です。

 

悩ましいのは、「カレーは液体に入りますか?」という点ですね。

 

プラスチックの保存容器 メリットとデメリット

今度は、プラスチックの保存容器のメリットとデメリットについて。

メリット

  • 軽い
  • 落としても割れない
  • 使ってないときの保存が省スペース
  • 安価
  • スーパーでもドラッグストアでも売っているので、欲しいときにすぐ買える

「取り入れやすさ」に関するメリットがすごい。
なにより「安価」が強い。すごい強い。
最高のメリットです。

デメリット

  • 劣化したり壊れたりしやすい、消耗品
  • 素材の色やにおいが着くので、繰り返し使っているとテンションが下がる
  • そのまま食卓に出すと「テキトー」感が出るので、その日の気分によっては萎える
  • 基本的には食洗機が使えない(使えるものもあるけれど、価格はガラスの保存容器くらいになる)
  • 油が落ちにくいので、イラっとする

どのデメリットも「まぁ、そこまで気にしなくてもいいよね」と思われます。
ただ、そういう小さなことの積み重ねこそが
家仕事がイヤな仕事に変わっていく原因なんですよね……。

 

ガラスとプラスチック、両方の保存容器に共通のデメリット

あのですね、実はどちらも
基本的に完全な密閉ではない
というデメリットがあります。
汁物も入れたいのになーと思うと、どうしよっかなって感じですよね。

ただ、これは一長一短で
密封できる=そのままレンジにかけることができない
とうことなので、もうこの点には目をつぶるしかないのかな……など思いました。

なお、ガラスにもプラスチックにも密封できるタイプの保存容器はあるのですが
たとえばプラスチックの場合、価格がガラス容器と同程度まで上がるので
プラスチック最大の「安価」というメリットが潰れるという。

「お弁当箱として使いたい」などの希望があるのであれば、むしろプラスチックの密封できる保存容器って最高だと思うのですが
うちの場合、今回はその希望はないので、候補から除外することとしました。

 

ガラスとプラスチック以外の保存容器は?

琺瑯(ほうろう)や陶器などがありますね。
琺瑯は、なんかすごいオシャレだし、無印用品とかで手軽に買えるので魅力的ではあったのですが

  • 中身が見えない
  • レンジが使えない

の2点が致命的だったので、候補から外しました。
しかし用途によっては、今後導入していく可能性があります。
可愛いし。

 

結論

上記のいろいろを考えた結果、結論として我が家では

  1. ガラスの保存容器を導入し、それをメインとして使用する
  2. 冷凍するものはプラスチックの保存容器を使う

ということに決めました。

ガラスの保存容器は、iwakiのパック&レンジ

ガラスの保存容器とするべく、購入を決めたのは、iwakiのパック&レンジです。

1.2Lと500mlのサイズが欲しかったので、両方含まれている7点セットにしました。
というか
誕生日が近かったので、買ってもらえることになりました。
やったー!!!!

そのままレンジに使えるサイズが手頃値段も手頃というのが、ともかく素晴らしいです。

また、うちは最近オーブンを使うことが少なくないので
オーブンで使えるのも助かります。

同じiwakiさんのパック&レンジでも、丸型はオーブンでは使えないのでご注意ください!

500のサイズとか、パウンドケーキ作るのにもよさそうだし。
あと今「スコップケーキ作ってみたい・v・」って思っているので、これで作ったらアゲだなって思いました。

iwakiパック&レンジの、ふたの素材と食洗機対応について

我が家の購入したiwaki耐熱ガラス保存容器パック&レンジは、
ふたの素材がポリカーボネートというものでできています。
スマフォケースによく使われている感じの素材なので、触ってみて「あぁ、あれね!」てなる方も多いと思います。

このふたは、食洗機を利用することができません。
食洗機が利用できるのは、保存容器の本体だけです。

一方、iwakiの耐熱ガラス保存容器パック&レンジには、実は new と銘打たれたバージョンが存在しています。

iwakiの耐熱ガラス保存容器newパック&レンジのふたは、ポリプロピレンでできています。
こちらの場合、ふたも食洗機が使えます。

食洗機を使っている家庭の場合、明らかにnewの方が使い勝手がいいと思います。
食洗機が使えるか使えないかって、めっちゃくちゃ大事なので。

ただし、

  • 見た目の美しさはnewではない方のパック&レンジの方が上
    (透明度が高く、見た目の高級感があります)
  • newパック&レンジは、システムセット(いろいろなサイズでの4・7・11点などのセット販売)がない

という違いがあります。

システムセットの「高機能なガラスの保存容器なのにこの価格は良心的すぎる!」というポイントが減なので
安価さ・買いやすさでは、newではない方に軍配が上がります。

購入を検討される際は、それらのポイントにも気をつけて見られるといいのかなと思います。

なお、ふただけ別購入することも可能です。
パック&レンジもnewパック&レンジも、ガラス本体のサイズは一緒なので
あとから違う方の素材のふたを買う、ということもできます。

ちょっと手間がかかってしまいますが
「やっぱりあっちのふたの方がいいな……」ってなったら、後で買いなおせばいいだけでもありますので
悩みすぎなくても大丈夫ですよ・v・

冷凍用の保存容器(プラスチック)はスマートフラップ

冷凍保存用に使用すると決めたのは、引き続きのスマートフラップさんです。

 

いろんなところで、めっちゃ見るやつ。
プラスチックの保存容器の代名詞であるジップロックさんよりも、とても安い。

プラスチックはもう消耗品として捉えることにしたので
安価なものを都度買ってまわしていこうと思います。

なおスマートフラップさん、安いのに、すごく便利です。

すでに使っているので便利さはわかっているのですが、
やはり蓋をしたままレンジに入れられるのっていいですよね。

なお、今回の決定を機に
ご飯を冷凍する用の容器も、スマートフラップさんのものに変えました。

 

ご飯の冷凍にこれまで使っていたのは、ジップロックさんでした。
凍って外れにくくなってるフタをベリっと剥がして、絶妙なバランスでかぶせなおしてレンジに入れる……
というのが面倒だったので。

ちょっと開けてずらしてフタして……ってのだって、まぁ大した手間ではないですが、それでも
ピッ
て蒸気口あけるだけでよくなるのって、やっぱりいいですよ。

ニトリのガラス保存容器は、密閉したいものように購入

ニトリさんのガラス容器も買うことにしました。
というか、さっそく買いました。
コレ。

ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

フタをしたままレンジに入れる……というのはできないですが、
タレに漬け込みたいもの(チャーシューとか漬けマグロとか)もわりと作るので
やっぱり密閉できるものが欲しいーーー
ずっと欲しかったんだーーー
と思い、よい機会だなって思って購入しました。

ニトリさんのガラス保存容器のよいところは、
安い
ということろ。

ものによってはプラスチックの保存容器より安いじゃないですか。
どういうことだよニトリさん……
ありがとうございます、ありがとうございます……!

買ったのは、1100mlをひとつと、740mlをふたつです。
どちらも、すでにけっこう使っています。便利〜!

 

以上、保存容器についてでした!

 

<<今日のtips>>

  • 保存容器は、用途によってガラスとプラスチックの両方使いで対応
  • ガラスはiwakiさんのパック&レンジ、プラスチックはスマートフラップ
  • 密閉したいものには、ニトリの密閉できるガラス保存容器

 

お読みいただき、ありがとうございました*^^*

 

やまママ

気に入った、ワンコインでも投げ銭してやるぜ! と思ってくださった方は、コチラ(note)からチャリンとしていただけると、大変嬉しいです。

現物支給もめちゃくちゃ喜びます!

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました