【ママフリーランス必見】保活にも役立つ?青色申告の3ポイント

freelance_aoirosinkoku_main 保活・仕事のtips
スポンサーリンク

フリーランスに必須の確定申告では、青色申告を行うことがオススメです。
特にママフリーランスの場合は、控除額が大きいだけでなく、保活にも役立つかもしれない複式簿記での作成を行いたいところ。

そこで本記事では、青色申告する際のポイントを3つにまとめてご紹介します。

 

こんにちは、やまママです。
趣味が高じて書店でアルバイトもしているお気楽フリーランスですが、
確定申告は青色です。

フリーランスのみなさん、確定申告は青色申告と白色申告、どちらで行なっていますか?
もしくは
これからフリーランスになろうとしているみなさん、青色申告ってどんなもんだかご存知でしょうか?
(「聞いたことはあるけど……」という方も少なくないのでは)

がっつりフリーランスとして仕事をしているママもいれば、
様々な事情で、時間の隙間を縫うようにしてフリーランスの道を歩き始めたママもいるかと思いますが
いずれの場合も、基本的には確定申告が必要です。

今日の記事では、
・青色申告と白色申告の違い
・青色申告のメリットとデメリット
・青色申告には、実は”よりカンタンな申告方法”もある
などなど
理解しておきたいポイントを説明してみようと思います・v・

 

青色申告と白色申告の違いって?

フリーランスの確定申告は、被雇用者とは違い、自分で行う必要があります。(確定申告が必要か否かは、国税庁のHPのこちらをご参照ください)
そのとき、申告方法は「青色申告」「白色申告」の2種類から選びます。

両者の違いとして大きいのは、やはり
・受けられる控除額
・帳簿の付け方
の2点です。

1、青色申告と白色申告で受けられる控除額の違い

支払うべき税金額は収入によって変わってきますが、
税額を計算するときに影響するのが控除額です。

税額計算の元になる所得は
収入−経費−控除額
で計算するので、
控除額が大きければ大きいほど、支払うべき税金が少なくて済むようになります。

控除にはいくつか種類があるのですが、フリーランスの場合、特に関係してくるのが基礎控除と特別控除です。

基礎控除は38万円で、白色・青色関係なく全ての人が受けられますが、
それに加えて特別控除が受けられるのは、青色申告だけです
白色申告の場合、特別控除は受けられません。

2、青色申告は難しい?

「青色申告にするだけで特別控除が受けられるなら、青の方がいいじゃん!」
と思われがちですし
実際、青色申告の方がいいと私も思うのですが
青色申告の場合、白色申告よりも帳簿の付け方が難しいです。

白色申告では、簡易簿記という帳簿の付け方で大丈夫です。
ほとんどお小遣い帳と同程度の内容ですので
知識がなくても、簡単に帳簿の作成ができます。

例えば1月1日に200円のボールペンを経費で購入した場合
1月1日 消耗品費(筆記具)の購入 支出200円 残高***円
程度の情報を記入するだけで問題ありません。

一方、青色申告では
複式簿記を作成する必要があります。

上述の通り、1月1日に200円のボールペンを経費で購入した場合を例にします。

この場合、
・備品としてボールペン(資産)が増えた
・購入した分の現金(資産)が減った
という2つの事象が起きていますよね。

この2つの事象について、どちらも記載を行なった上で作成された帳簿が
青色申告で使用される複式簿記です。
この場合、複式簿記では
1月1日 消耗品費 200 事業主借 200
という感じで記載します。
(「事業主借」の部分は場合によって異なります)

ちなみに
右側と左側が同じ金額になるのが大事です。

この複式簿記の入力が「難しい」ため、青色申告を諦めて白色申告にしてしまうケースがとても多いです。
知識がないと、到底自分で作成できるような簿記ではない感じなので、気持ちはとてもわかります。

しかし、それではあまりにももったいない。
なぜなら
帳簿のつけ方は、インターネットで簡単に検索できちゃうからです・v・

私も知識はゼロですが
問題なく複式簿記の作成ができています・v・
(ただ、あまりにわからないとムズムズする性分なので個人的にちょこっとは調べたりもしていますが)

難しい、という理由だけで白色にしてしまうのはとてももったいない(2回目)ので
ぜひぜひ、青色に挑戦することをオススメします。

なお、少し前までは白色の場合は帳簿の保管が不要だったため
その理由で白色を選んでいる人もいたかもしれませんが
現在は白色申告の場合も帳簿の保管が義務付けられましたので、その点での違いはないと考えていて良いと思います。

私が利用しているのは、MFクラウドさんの確定申告。

めちゃくちゃわかりやすいです。
仕訳さえ作成しておけば、
青色での確定申告に必要な書類が全て、無料で、ほぼ自動的に作成できちゃうので、大変助かっています。

 

青色申告のメリットとデメリット

頑張って青色申告をするからには、メリットもデメリットも
ちゃんと知って起きたいですよね。

1、青色申告のメリット

上述しましたが、やはり最大65万円の特別控除を受けられる
点が大きいと思います。
というか、それがほぼ全てだと思います。

ただ、それに加え
保活をしている・保育園を利用しているママフリーランスの場合は、
以前『フリーランスのママが保活で準備しておくべき必須の資料3点+3』の記事で書きましたが
保活や保育園利用の継続を証明するため、帳簿を役所に提出しないといけない場合があるので
「本気で事業やってますよ」
というのを伝えるためにも、青色申告の方がいいと思います。

その他にも、青色申告には
・専従者(家族従事者、従業員)への支払いを経費扱いにできる
 (白色の場合は、一定金額までを控除にできる)
・赤字の繰越ができる
といったメリットもあります。

2、青色申告のデメリット

青色申告でのデメリットはほとんどありません。
手間と知識(知識がない場合は、本で調べたりインターネット検索を行ったり税務署に聞いたりする手間、もしくは経理をしてくれる人を雇うこと)が必要
という程度かと思います。

ただし大きな枠で見れば、青色申告の”手間”は帳簿づけだけではなく
・開業届を出す
・青色申告承認申請書を出す
などもあります。

というか開業届に関しては、本来は
事業を行う場合、全ての事業者が提出していなければいけないものです。
しかし、たとえば副業で(基礎控除額を下回る程度の金額で)行なっていた場合などは特に
開業届について失念してしまっていることもあると思います。

しっかりと事業を行い、青色申告の上、控除も十分にと受けようと思っている場合
開業届の提出は必須です。

「出してなかった!」という場合は、今からでも作成し、提出しましょう。

開業届のフォーマットは、国税庁のHPからダウンロードできます。(開業届のフォーマットがあるページが新規タブで開きます)
持参でも良いですが、郵送でも大丈夫です。
手数料なども不要です。

私は郵送で済ませました・v・

青色申告承認申請書は、その名の通り
青色申告することを承認してもらうための申請書です。
こちらのフォーマットも、国税庁のHPからダウンロードできます。(青色申告承認申請書のフォーマットがあるページが新規タブで開きます)
こちらも持参でも良いですが、郵送でも大丈夫です。
手数料が不要なのも同様です。

こちらも、私は郵送で済ませました・v・

開業届と青色申告承認申請書を提出するときの注意事項

開業届と青色申告承認申請書、どちらも提出時の記載内容は難しくないのですが
事前に知っておきたい最低限の注意事項を2点、記載しておきますね。

注意事項1;控えをもらう

事項として必須ではないようなのですが
控えをもらうことをオススメします。
何かのときに必要になったら困るし
保活での「ちゃんと仕事してるんだよアピール」で、開業届の控えのコピーを添えた
という声も聞きますので
多分、手元にあった方がいいです。

控えをもらうためには、
同じ内容の提出書類を2部作成し、
そのうち1部を控え用とします。(書類のどこかに「控え」と記載しておきましょう)

控え用への押印を忘れずに。

郵送の場合は
切手を貼った返信用封筒を同封します。

これで、控えを返送してもらます。

注意事項2;青色申告承認申請書の「6 その他参考事項」

注意事項というか、わかりにくいかもしれない部分なので。

(1)の簿記方法では、65万円の特別控除を受けたい場合は
複式簿記
を選択してください。

(2)の備付帳簿名は、必要なものを自由に選んで大丈夫です。
実際に確定申告をするとき、65万円の基礎控除を受けるために提出が必須なのは
・確定申告書B
・所得税青色申告決算書
の2種類の書類です。

このうち、後者の所得税青色申告決算書は
・損益計算書
・損益計算書の明細
・貸借対照表
になっているのですが

これらの書類さえ出せば、その他の書類は提出する必要はありませんし
(提出しなくていいだけで、帳簿の作成・保管は必要ですが)
このときに◯をつけたものと実際の申請時の添付書類にズレがあっても問題ないようです。

なお、
損益計算書、貸借対照表など「難しい……意味がわからない……」となってしまいそうですが
仕訳表に記入していくだけで、自動的に書類を作成してくれる無料の会計ソフトもありますので
心配は本当にご無用です・v・

あと、税務署の人たちは基本的に優しいので
帳簿の作成方法がわからないとか、
この記載方法であっているのかわからないとかあれば
とりあえず管轄の税務署で相談してみたらいいと思います・v・
あと、商工会とか。

弥生さんの青色申告オンラインとかは、とりあえず1年無料で使えるので
試しに使ってみたら、どれだけカンタンかわかるかなーと思います。

実際に帳簿作ってみているうちに、自然に知識も身についてきますしね。

 

青色申告には、実は”よりカンタンな申告方法”もある

ここまで、65万円の控除を受けることを前提に複式簿記で帳簿を作る話などしてきましたが
同じ青色申告でも、実はよりカンタンな申告方法もあって
そちらの場合、帳簿は簡易簿記の作成で良いです。

青色申告承認申請書の「6 その他参考事項」(1)の簿記方法で
簡易簿記
を選択すればいいだけです。
もしくは確定申告の書類作成時に、そのようにしてください。

ただしこの場合
特別控除は65万円ではなく、10万円までしか受けられません

帳簿の作成の手間と、受けられる控除額を比較して
メリットがありそうな場合は、こちらを選んでもいいと思います。

ただ、あまりオススメはできないです……。
複式簿記、難しそうですが、やってみたら
本当に知識ゼロでも(会計ソフトのおかげ様で)なんとかなるので
ぜひぜひ65万円に挑戦してみてほしいです。

すごくざっくりですが、金額だけでいうと……

基礎控除が38万円なので、

  • 所得(収入−38万円)が10万円以上の場合→簡易簿記でも損はない
  • 所得(収入−38万円)が10万円を超える場合→複式簿記の方がいい

という感じですね。

参考になりますように。

 

今日は以上です・v・

 

<<今日のtips>>

1、青色申告は、白色申告と違って特別控除が受けられる
  青色申告の中でも、複式簿記なら65万円までの特別控除が受けられるのでオススメ!

2、青色申告のデメリットは「(若干の)手間がかかる」「難しい(感じがする)」の2点のみ
  実際に青色申告してみた感触としては、65万円控除というメリットの方がでかい

3、青色申告には、開業届と青色申告承認申請書の提出が必須だけど、郵送で大丈夫・v・
  提出の際は、控えをもらうことを忘れずに!

お読みいただき、ありがとうございました*^^*

やまママ

 



書いている人;やまママ
yamamamatips

川越の近所に住むフリーランス&書店員。若い人たちに性教育などする仕事をしていました。
通勤電車スキーな卵アレルギー持ち幼児を育てつつ、ゆるワーキングマザー生活を満喫中。

yamamamatipsをフォローする
保活・仕事のtips
スポンサーリンク
この記事をシェアする
yamamamatipsをフォローする
*・。・*ほしいものリスト公開中*・。・*
プレゼントください。大変に喜びます!
励みと糧になります。ありがとうございます。
やまママtips

コメント