奥村英二ファースト写真集・訳(『BANANAFISH』)

フリーランス幼稚園ママの生活
スポンサーリンク

タイトルの通りです。

BANANAFISHの復刻版BOXの4つめを買うと封入特典でついてくる、奥村英二のファースト写真集。
その序文を訳してみました。あと、扉の一文。

この序文からの扉の一文で、私は何度でも泣く。

なお、写真はノイタミナカフェで食べられる、アッシュとえーちゃんの和洋折衷コラボデザートのワッフルです。

 

続き、というか今回の記事を読むのは、BOX買った人がいいかもです。
これは、写真集があってこそその真価がよりわかるというか、グッとくる、そのグッとが本当にわかる。
みたいなとこあるので。

あと、一応ネタバレないとは言わない感じになっているので、それがいやな人もやめたほうがいいです。

(以下、ちょっと多めに改行挟んでおきます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下からです。

<序文>

奥村英二のたった1枚の写真が、ニューヨークのイメージを塗り替えた。
(1994年8月 ニューズウィーク)

ニューヨークの写真家・奥村英二は、1966年、日本の島根県で生まれた。
高校時代、棒高跳びの選手であった奥村は、大学生フォトグラファー・伊部俊一と出会う。この出会いが、1985年、19歳の奥村が初めての海外旅行でニューヨークに至るきっかけとなる。

その頃のことについて、奥村は多くを語らない。最近のインタビューでは、彼は「僕にとって、激動の時代でした」「そしてまさにあの時代が、僕の人生を変えたんです」と応えた。彼にとっては不本意かもしれないが、ニューヨークのファンは、彼とこの大都市との出会いに大いに感謝せざるを得ない。
彼は日本に帰国するなり、フリーランスの写真家として素晴らしいデビューを果たし、その後すぐ、仕事に専念するためアメリカに戻って来た。
1992年、アメリカ政府は26歳の奥村英二に永住権を与えた。その2年後に開催された個展の成功は、彼を一躍有名人に変え、その名声は今もとどまるところを知らない。

奥村英二の人気は、なおも上昇を続けている。
本書は、そんな奥村英二の初の写真集である。ニューズウィークの紙面を飾って来た写真の再録であるが、彼の写真家としての優れた能力を象徴する1冊と言えるだろう。

この写真集で私たちは、大いに気づかされることになる。ニューヨークの生活エリア、路地、都市の景観、そして私たち自身でさえ気づいていなかった、私たち自身の多様な側面について。私たちの姿は鮮やかに、そして深い洞察を伴う親密さをもってとらえられている。
彼の写真はまた、被写体である私たちひとりひとりの感情だけではなく、彼自身のそれをも克明に映し出している。よく言われていることではあるが、彼の鋭敏な感性は、ニューヨークに住む者であれば誰もが持っている原風景のような感覚を惹きつけてやまない。

「奥村の写真からは、なんとも言えないやさしさが伝わってくる」。あらゆる評論家が彼をそう評価し、またそのなんとも言えないやさしさこそが、彼が他の写真家と一線を画している理由であると言われている。奥村の被写体に対する新鮮な眼差しは、アメリカ中のアートシーンの注目を集めた。
最新のVoiceの記事で、彼はそれら自らに対する評価と、彼自身がニューヨークに持つ印象について、以下のようにコメントしている。

「たしかにこの街の人々は、僕の知る中でもかなりアグレッシブです。僕にはそれを、いいともわるいともジャッジはできませんが……僕はその光の面と闇の面、両方を愛しています。ぼくの写真がやさしいと言わるのは、そのせいかもしれません」

1枚の写真がある。『1987年 早朝』。評論家たちの注目を最も集めた写真だ。被写体はアッシュ・リンクス。ご存知のとおり、ニューヨークの伝説だ。
彼のブロンドの髪、翡翠の瞳、穏やかな佇まい、そしてIQ180を超える知性。それらすべての要素は、彼をこの都市においてもっとも孤独で、もっとも危険な男として知らしめていた。
しかし奥村の写真は、それら全ての固定概念を塗り替えた。おそらくアッシュ・リンクスは、奥村の「なんともいえないやさしさ」の恩恵を受けている最たる人物だ。

奥村がアメリカに来た当初の目的は、ニューヨークのストリートギャングたちの〈stars(巡り合わせ)〉に関する伊部の取材のアシスタントを務めることだった。それがおそらく、アッシュ・リンクスと奥村との出会いとなった。
奥村は当時のギャングの抗争のさ中、襲撃を受けた。その恐ろしい出来事が彼を一時帰国させるに至らしめたのではないかと推測されている。
そのニューヨークのストリートシーンが、奥村が語った”闇”なのだろう。それならば、アッシュ・リンクスは奥村英二の”光”であるということになる。
しかしその物語については、まだ語られていない。

ともあれ今は、日本は喜ぶべきである。この若く、新進気鋭の類い稀なる才能が、ニューヨークのコンクリートジャングルで花開いたことを。

 

〈扉〉

この本を友人のAに捧げる。彼は僕の夜明けだ。
奥村英二

 

 

以上です。

やまママ

気に入った、ワンコインでも投げ銭してやるぜ! と思ってくださった方は、コチラ(note)からチャリンとしていただけると、大変嬉しいです。

現物支給もめちゃくちゃ喜びます!

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう
書いている人;やまママ
yamamamatips

川越の近所に住むフリーランス&書店員。若い人たちに性教育などする仕事をしていました。
通勤電車スキーな卵アレルギー持ち幼児を育てつつ、ゆるワーキングマザー生活を満喫中。

yamamamatipsをフォローする
フリーランス幼稚園ママの生活本のtips
スポンサーリンク
この記事をシェアする
yamamamatipsをフォローする
*・。・*ほしいものリスト公開中*・。・*
プレゼントください。大変に喜びます!
励みと糧になります。ありがとうございます。
やまママtips

コメント